ダイエット ヘルス

納豆はダイエットになぜ良い?夜食べると効果的?食べ合わせが良い物は?

2017年9月11日

納豆はダイエットになぜ良い?夜食べると効果的?食べ合わせが良い物は?

納豆はダイエットになぜいいのか気になりますよね。

納豆にはダイエットに良いとされる成分が多く含まれているんですよ。
また、納豆ダイエットするには、
いつ食べるか、食べ合わせがいいものもあるのです。

今回は、納豆はダイエットになぜいいか、
夜納豆のダイエット効果は?、
納豆ダイエットで食べ合わせが良いものは?
についてご紹介します。

納豆はダイエットになぜいいの?

そもそも納豆はどのように作られている?

納豆は発酵食品の代表とも
言えるスーパーフードではないでしょうか。

簡単に言いますと、蒸した大豆に納豆菌をかけ、発酵させたものです。

湿度や環境が整った場所で寝かせると納豆菌は大豆のタンパク質や糖を分解しながら増えていき、発酵が進むのです。

ダイエットに良いのはなぜ?

納豆が健康に良いということは知っている方が多いかと思います。

しかし、ダイエットにも良いってことはご存知でしょうか?

では、なぜダイエットに良いのでしょうか?
納豆がダイエットに良いとされる成分を詳しくご紹介します。

食物繊維

納豆には食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は腹もちが良く、満腹感を得られます。
少ない量でも満腹感を得られるので
ダイエットにはぴったりです。

また、大腸の動きを活発にしてくれ、腸内環境を整えてくれます。

また、善玉菌を増やしてくれ、老廃物除去や便秘解消などにも良いんです。

老廃物を除去してくれ、体の巡りも良くなり、新陳代謝が上がりやすく、ダイエット効果も期待できるんです。

納豆には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が含まれています。

食物繊維は、不溶性と水溶性のものをバランスよく2:1で摂取することが重要なんですよ。

納豆は100gあたり、不溶性4.4g、水溶性2.3g、
食物繊維が含まれています。

約2:1の割合となっていますね。

便秘解消にはとてもいいバランスで含まれているのです。

大豆タンパク

納豆の原料である大豆は良質なたんぱく質である大豆たんぱくが含まれています。

この大豆たんぱくには脂肪を燃焼する効果があるんです。

さらに、タンパク質は筋肉量を高め、基礎代謝を上げてくれるんです。
基礎代謝が上がると、睡眠中でもエネルギーを消費することが可能なんですよ。

また、内臓脂肪や中性脂肪を効果的に低減させる作用もあるのです。

まさに、ダイエットにはぴったりですね。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンには血中のコレステロールを減らしてくれ、ダイエット効果や生活習慣病予防に良いんですよ。

コレステロールが高くなると、脂肪がたまりやすく、ダイエットの妨げになります。
しかし、コレステロールの代謝がスムーズに促されることでそれが回避できるのです。

1度コレステロールが増えてしまうとなかなか下がりにくいのですが、大豆イソフラボンを摂取することにより解消できるんですよ。

また、女性ホルモンと似た作用を持っている為、女性らしいボディラインを維持できます。

サポニン

大豆サポニンには体に脂肪が溜まるのを防いでくれ、肥満防止に役立つ成分なんですよ。

肥満防止以外にも、血中の悪玉コレステロールを下げる効果もあるのです。

また、サラサラ血液にしてくれるので代謝アップにも期待できるのです。

ビタミンB2

ビタミンB2は糖質や脂質の代謝を高め、ダイエット効果をアップしてくれます。

また、ダイエットをサポートしてくれるため、効率よく痩せることができるのです。

ビタミンK2

ダイエットをすると特に栄養不足となりがちのビタミンK2。

ビタミンK2が不足してしまうと骨粗しょう症になる可能性が高くなるのです。

カルシウム

ダイエットをすると特に栄養不足となりがちのカルシウム。

カルシウムが不足してしまうと骨粗しょう症になる可能性が高くなるのです。

夜納豆のダイエット効果とは?

納豆がダイエットに良いということは分かって頂いたかと思います。

では、よりダイエットを効果的にするには、いつ食べるのがいいでしょうか?

実は、納豆を夜に食べるのがダイエットに一番効果的なんですよ。

1つ目は人間は眠りについて2~3時間経つと、成長ホルモンが分泌されます。

納豆に含まれているアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促してくれる成分です。

2つ目はナットウキナーゼという成分は夜に活性化します。

ナットウキナーゼは食べてから10~12時間近く働いてくれるのです。

ナットウキナーゼは血液の流れを良くしてくれます。

寝ている間は、血液に流れが良くありません。
納豆を夜食べることで、就寝中の血液の流れを良くしてくれるため、効果が期待できるのですよ。

この2つの理由から、夜食べる方がダイエット効果が期待できるのです。

納豆ダイエットで食べ合わせが良いものは?

キムチ

キムチに含まれている乳酸菌は納豆菌をエサにし、どんどん増えていくのです。

そのため、腸内環境の改善に良いとされています。

また、キムチに含まれているカプサイシンには、脂肪燃焼を促してくれるのです。

大根おろし

大根おろしに含まれている食物繊維が胃の中で膨らむ為、満腹感を得られます。

アミラーゼによる整腸促進効果もあります。

納豆も大根おろしも消化分解酵素を大量に含んでいる為食物の消化吸収を助けてくれるのです。

オクラ

オクラのねばねばした成分には水溶性食物繊維を含んでおり、便秘や下痢に良い作用があるのです。

ムチンやペクチンを含んでおり、腸内環境を整えてくれ、糖の吸収を穏やかにしてくれるのです。

そのため、血糖値の急激な上昇を抑えてくれ、太りにくい体つくりに適しているのですよ。

ねぎ

ねぎには、硫化アリルという成分を含み、コレステロールを減らしてくれ、疲労回復効果があるのです。

また、納豆にはビタミンAとCが含まれてなく、ねぎをいれることにより補ってくれるのです。

栄養面でとてもいい組み合わせになるのです。

オリーブオイル

オリーブオイルは油なのですが、腸で吸収されにくい性質があるのです。

オリーブオイルは便を柔らかくしてくれるため、スムーズに排便しやすくなります。

便秘解消、腸内環境を整えてくれるます。

まとめ

納豆がなぜダイエットに良いのかについて紹介させて頂きました。

納豆にはたくさんダイエットに良い成分が含まれているのですね。

他にも食べ合わせにより、より効果が期待出来ます。

納豆ダイエットをする際、参考になれば幸いです。

-ダイエット, ヘルス
-,

© 2022 GOOKOブログ Powered by AFFINGER5