ヘルス

子供の夏バテの症状と原因は?吐き気がある時の対処法!

2015年6月22日

子供が夏バテをしてるって、どうやって気づきますか?

うちでは食事の量が減ってくると
夏バテしたかも・・・と思います。
これも症状の一つだからです。

近年、夏ってこんなに暑かったかなぁ~なんて思うんですよね。
いろいろな環境の原因があるんでしょうけれど、
とにかく暑い~と汗だくの日々。

そうすると、夏バテしてしまうんです。

うちの子は食事からですが、他にも夏バテの症状はあります。
今回は、早く子供の夏バテに気づいて、対処できるように
夏バテの症状や原因吐き気があるときの対処法について紹介します。

子供の夏バテの症状は?

子供に限らずの夏バテの症状と言えばまずは食欲不振

大人も経験しますが、気力もないし、だるいし、ぐったりだし、食べたくないし…そんな感じですよね。
それと意外と多いのが微熱嘔吐
一見風邪の症状みたいですが、これも夏バテの症状として多いんですよ。

子供が夏バテになる原因とは?

子供は体温調節がまだ上手にできないことが大きな原因です

汗をかくための汗腺が発達していないので、うまく汗がかけず、
結果体温が調節できないというわけなのです。

大人にもよくあることですが、冷房の強い屋内と暑い屋外を出たり入ったりすると、だるく感じたりしませんか?

汗を上手にかけない、そして知らぬ間にがんばって体が体温調整を繰り返すことで自律神経が疲れてしまい、ついに夏バテ…
というのが子供の夏にはありがちなのですよね。

子供が夏バテで食べない!そんな時は?

いつも元気でモリモリ食べる子供が食べなくなったら、それはそれは心配ですよ~。
ただでさえ、成長するのにたくさんの栄養が必要な時期、食べられないよーと言われてもなんとか補ってあげたいものです。

何も食べたくないなら、好きなものでせめて少しでも食べて欲しいわ!と思うのが親心。
食べられるもの1品にできるだけ栄養素を多く取り入れてみましょう。

必要な栄養素はタンパク質、ビタミン、ミネラル
これを効率よく取れるようにします。

うちではこういうものを食べさせます
子供が夏バテの時の食事は?料理が苦手でも大丈夫!

症状に吐き気がある時は?

夏バテの時はまず水分をたくさん取ってと思いますよね。
目安としては体重1kgあたり100mlの水分
そしてこまめに摂取することが大事です。

この時飲むものは水やお茶がよいです。

一見良さそうに見えるスポーツドリンクなどの清涼飲料水は、実は糖分がけっこう含まれています。

糖分を多くとると、糖分を分解するためにビタミンが失われていき、逆に疲れる…という事態にもなりかねません。

どんどん水分補給しなきゃ!ということは伝わりましたよね。
でも、吐き気の症状がある時はちょっと気を付けてください。
吐き気がある時は胃が活発に動いているので、急に水分をたくさんあげてしまうと胃がびっくりして、
さらに酷い症状になることがあります。

最初はスプーン1杯から時間を置きながらあげてみて、吐かなくなったら普通にあげましょう。

最後に

子供の夏バテの症状には風邪に似たものが多いですね。

風邪と思って、病院へ駈け込んでしまいそうですが夏バテで体が疲れているだけだったら、病院へ連れて行って、別の病気をもらうのも心配です。

そうならないように、暑くなってきた時は食欲が少しずつ減ってないか水分は、きちんと取れているかお子さんの様子を見ながら、夏バテになっていそうだったら早めに対処してあげてくださいね。

-ヘルス
-,

© 2021 GOOKOブログ Powered by AFFINGER5