育児

赤ちゃんのオムツサイズといつからパンツへの移行&漏れ対策

2016年2月19日

赤ちゃんのオムツサイズといつからパンツへの移行&漏れ対策

赤ちゃんのオムツって、種類が沢山あって分かりずらいですよね。
今回は赤ちゃんのオムツのサイズと、いつからパンツタイプにするのか、
オムツが漏れてしまう時はどうしたらいいのかをまとめます!

赤ちゃんのオムツのサイズって?

赤ちゃんのオムツのサイズは、大きく分けると

  • 新生児用サイズ
  • Sサイズ
  • Mサイズ
  • Lサイズ
  • LLサイズ

の6サイズあります。

月齢の目安は、

  • 新生児用サイズは生後0か月~生後1か月
  • Sサイズは生後1か月~生後3か月
  • Mサイズは生後3か月~生後1年3か月
  • Lサイズは生後1年~生後3年
  • LLサイズは生後3年以上

となります。

ですが、赤ちゃんが産まれた時から小さかったり、大きかったり、発育が良かったり遅かったりと、赤ちゃんの成長や体格によって変わってきますのでオムツの袋に書かれている体重目安を参考にしても良いです。

メーカーによって1キロ程違いがあるので、よく見て選びましょう!

うちの子の場合は、生まれた時2168グラムと小さく新生児用サイズのオムツを生後4か月間近まで使用していました。

男の子と女の子でも多少の違いがあって、やっぱり男の子の方が体格が良くて新生児サイズを卒業するのは早い傾向にあります。

新生児用サイズからSサイズに移行するタイミングは、テープを止める位置に、どのオムツメーカーでも目盛りが付いてますよね?

その目盛りの1番外にテープが止まるようになったらサイズアップの時期です。

他にも、太ももなどにオムツの跡が赤く残っていたり、オヘソが隠れなくなってもサイズアップするタイミングです。

他のサイズの場合も、この方法で赤ちゃんのオムツのサイズを検討するといいですよ。

赤ちゃんのオムツっていつからパンツに変えたらいいの?

赤ちゃんのオムツをテープからパンツに変えるタイミングは、赤ちゃんがハイハイやよじ登り、つかまり立ちを一生懸命しだした頃が良いです。

そのころになると、今までの様に大人しくオムツを替えさせてくれません。

赤ちゃんは動きたくて仕方ないので、ハイハイで逃げる赤ちゃんをママがオムツを持って追いかける事になってきます・・。

この頃にパンツに変えると、逃げる赤ちゃんにオムツをテープで止めずに済むので履かせるのがとっても楽になりますよ!

メーカーに寄っては、SサイズとMサイズの間にハイハイを始めた時用のオムツがあるので、これに変えるのもオススメ。

うちの子はこのオムツでパンツデビューしました。
ウエスト部分が良く伸びて使いやすかったし、小さめ赤ちゃんだったのでSサイズだと小さく、Mサイズだと大きかったので本当に助かりました。

よく動くようになるので、テープのままだと赤ちゃんの動きで漏れてしまったりするのでこの時期にパンツに変えると赤ちゃんもママもハッピーです!!

 

赤ちゃんのオムツが漏れてしまう!

オムツの履かせ方が悪く無いのに、赤ちゃんのオムツが漏れてしまったら1度サイズを確認してみましょう。

赤ちゃんの履いてるオムツが小さすぎると、赤ちゃんの1回のおしっこやウンチの量を吸収できなかったり、オムツがぴちぴちでウンチをすると重さでオムツが下がってしまい
隙間ができて、その隙間から漏れてしまったりします。

逆にオムツのサイズが大きいと、赤ちゃんが沢山動いてオムツがずり落ちてしまったり、太もも部分がフィットしてなくて隙間があると漏れてしまいます。

また、オムツの袋に12時間分吸収!と書かれているのを12時間オムツを変えなくても大丈夫と勘違いしているママが居る事があります。

赤ちゃんがたっぷりオシッコをしているのに、まだ12時間たってないから、と変えずにいると、オムツの吸収量を超えて漏れてしまいます。

これは赤ちゃんの肌や衛生環境にも良くないので、こまめにオムツを変えてあげましょう。

メーカーによって微妙にサイズが違うので、いろいろなメーカーを試すのも手です。

うちの子もオムツが合っていなくて漏れた事がありました。
この時は体重9キロだったので目安体重表記9キロ~のオムツを買ったのですが合わず、他メーカーの目安体重表記8キロ~のオムツを使うと漏れずに使えました。

子供用品店や産院でもらえる試供品のオムツで試してからだと、無駄に買わずに済みますよ。

おわりに

赤ちゃんのオムツって悩みますよね。
その子によってサイズが変わるので、ママも大変ですが
これを参考に赤ちゃんに合ったオムツを探してみて下さい!!

-育児
-

© 2022 GOOKOブログ Powered by AFFINGER5