料理 発酵で健康

梅味噌の作り方から 梅味噌素麵や梅味噌の使い方までご紹介!

2022年3月6日

梅味噌の作り方から 梅味噌素麵や梅味噌の使い方までご紹介!

梅味噌って?聞いたことがはじめての方もいるのではないでしょうか。
このブログで、梅の手作り酵素などを紹介していますが、梅といえば、梅酒や梅ジャムを想像しますよね。
ここでは、梅味噌の作り方から使い方までご紹介します。

梅にはクエン酸になど、疲労回復に効果的な有機酸が多く含まれています。ほか、ミネラル、カルシウムも豊富で、血液をサラサラにし、老化防止など嬉しい効果がたくさんあります。
そして、色々なお料理にも使えるので、是非一度梅味噌を作って、その味を楽しんでみてください!

梅味噌の作り方

【材料】
完熟した梅または青梅:500g
味噌(お好みのもの):500g
砂糖(黒糖またはキビ砂糖・三温糖など):300~500g

【作り方】

  1. ボールとザルを用意して、洗って乾かす
    梅のへたの部分は渋みが出るので、ようじや竹串で一ずつとり、へたの方を下にしてザルにのせて、2,3時間十分に乾かす
  2. お好みの味噌と砂糖を混ぜて、清潔な容器に
    味噌→梅→味噌→梅と交互に入れる
    その際、発酵するので、ふたは緩めに閉めて、時々混ぜます
  3. 常温1~2週間すると砂糖と味噌がなじんで全体がドロリとしてきます
    梅がぷくぷくと発酵して浮いてきたら梅を取り出します
  4. 梅の実と種を分けて、実は荒く刻むか、フードプロセッサーで粉砕し、
    容器に戻します
  5. 梅が柔らかくなって、味噌に梅の香りがうつった、1カ月後が食べごろ
    清潔な密閉容器などに移して冷蔵庫で保存すれば1年くらい保存可能です
    なるべく加熱はせずにいただく方が良いですね(^^♪

梅味噌の使い方

梅味噌きゅうり

梅味噌きゅうり

梅味噌とマヨネーズを半々で混ぜてもOK!

  • キュウリや大根、生のニンジン、カブ、菊芋につけて食べる
  • 焼き魚やお肉にかける、またはつけて食べる
  • 裂いた蒸し鶏にあえて食べる
  • 茹でたホウレンソウ・菜の花・小松菜とすりごまで和える
  • 焼いた厚揚げ、焼きナス、冷ややっこにネギを添えて食べる
  • 梅味噌とそうめんで梅味噌そうめんにして食べる

梅味噌素麵の作り方

【材料】一人前
そうめん:100g
きゅうり:1/2本
あれば、オクラやみょうがを細かく切ってのせてもOK
大葉:3~4枚

A
梅味噌:大さじ3
ごま油:大さじ1/2

  1. そうめんは表示通りに茹でて、水洗いをして水気を切ります
  2. Aを泡だて器などでよく混ぜます
  3. キュウリと大葉は千切りにします
  4. 1を器に盛り、きゅうりと大葉、梅味噌を添え、食べるときに全部かき混ぜて食べます

 

まとめ

毎年6~7月の梅の季節になると、今年は何やあろうかなぁって迷いますよね。
迷った方は是非!
日持ちもする、甘じょっぱくて酸味がある梅味噌を作ってみてください。
温野菜や野菜ステックにして、ソースとしてパーティなどでも喜ばれます(^^♪

↓ こちらの記事も人気です。皆さんに読まれています!
【人気関連記事】

手作り酵素は自分で作れます!手作りの酵素ドリンクの作り方をご紹介します!
手作り酵素との出会いで、血圧安定、お通じ快調、手作り酵素の種類をご紹介
話題の野草酵素が手作りできるってホント!?オンリーワン酵素ドリンクで心も身体も美しく!
野草茶で血液サラサラ 山梨の野草茶の果梨(かりん)に行ってきました!カリン
酵素玄米(玄米酵素ごはん)はスーパーフード!免疫力アップ&ダイエット
100%天然の柿酢の作り方から、柿酢のピクルスをご紹介!
乳酸キャベツ・ザワークラウトの楽しみ方とすごいところ キャベツ1/2個の作り方
乳酸キャベツ(ザワークラウト)で乳酸の力で免疫力UP 新陳代謝UPで痩せやすい体質に!
きゅうりを大量消費するレシピをご紹介 冷凍や長期保存法もと本格ピクルスも!

-料理, 発酵で健康
-,

© 2022 GOOKOブログ Powered by AFFINGER5